本文へスキップ
マスタリングスタジオ&ミキシング

電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

マスタリング・ミキシングスタジオ

マスタリング&ミキシングThe art of Mixing & mastering

  1. トップ
  2. ポストプロダクション
  3. マスタリング&ミキシング

当スタジオのマスタリングとは?

マスタリング・ミキシング

マスタリングの定義とは、一般的には曲間調整やトラックID、IRSC、POSコードの入力(PQエンコード)に加え、音質調整を施すことも含めマスタリングを一連の作業として定義しています。

恐らく皆様の間では、この音質・音圧調整(詳しくは⇒音圧について)、音色作りの部分にあたるプリマスタリングに最も興味を持たれていることと思います。詳しくは⇒マスタリングにおけるコツと流れのページへ

私たちは世界最高峰の音を提供する一企業として、ダイナミックに世界各国の音楽制作を受注し、種々のプロジェクトを日々作り上げています。クラシックはユンディ・リ、クリスティアン・ツィマーマン、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ロック・ポップスにおいてはビリー・ジョエルやエリック・クラプトンに至るまで、様々なアーティストやプロデューサー、そして機材メーカーと多くのプロジェクトを共有し、厚みある音楽体験とノウハウ、そして実績を構築してきております。
私達は音楽の本場ヨーロッパを始め、世界各国の音楽チャートで幾多のヒット曲を生み出し、人気曲に必要とされるサウンドデザインを最も得意としています。今や世界の舞台で繰り広げられるマスタリングは、楽曲を制作する上でのお化粧としての立ち位置を大きく逸脱し、音楽そのものを構築する必要性を求められるほどに、芸術的なものとなっています。
そしてマスタリングやミキシングにおいて、エンジニアに求められるものは才能です。トレーニングや経験だけではどうにもならない、世界に通用する美的センスと圧倒的な頭脳を用いて楽曲を構築できる能力が必要であり、才能なくしては世界最先端の音を作ることは不可能と言える領域に突入しています。
世界から極めて高い才能を評価され、SPLやelysiaなど欧米一流メーカー7社から、本国エンドースメント契約を持つエリートエンジニアの音に触れ、これまで感じたことのない楽曲の可能性を引き出されては如何でしょうか。特に全ての工程をハードギアで行うステム・マスタリングは、その素晴らしい仕上がりに感動して頂けると確信しております。


 マスタリング 5分以内 1トラック 15.000円
 リマスタリング 5分以内 1トラック  18.000円
 ステムマスタリング 5分以内 1トラック 25.000円
 ミキシング 24トラックまで 30.000円
 ミキシング 48トラックまで 40.000円
 ミキシング 72トラックまで 50.000円
 リミキシング 24トラックまで 35.000円
 リミキシング 48トラックまで 45.000円
 リミキシング 72トラックまで 55.000円
 オプション 
 DSDマスター +10.000円
ノイズ除去 2ミックス 5分以内  +20.000円
 ボーカルピッチ修正 +8.000円
 配信用マスタリング 1トラック +8.000円
 DSDマスタリング +8.000円
 ハイレゾ(PCM96kHz以上) +8.000円
 マスタリング・ミキシングリテイク4回目以降以降1回 +5.000円 

 全ての額面は、外税となっております。
・5分以上の楽曲をマスタリングの場合はご相談ください。

・ファイルは、基本的にDDPファイルDVD-Rでお渡ししています。
 サーバーへのアップも承ります。

・お立ち会い、Onlineどちらの場合も額面は変わりません。

・その他、記載にない事項についてはお気軽にお問い合わせ下さい。



マスタリング参加作品 アーティスト - Die Denkaz
2018ワールドカップ ドイツオフィシャルソング


マスタリング参加作品 クライアント:ドイツ Alster Record - Die Denkaz 
ヨーロッパチャート7位をマーク(2018年5月20日現在)


マスタリング参加作品 クライアント:チェコ SUPER MEDIA HAUSE - Emily & Justice


マスタリング参加作品 クライアント:アメリカ・韓国 - Chungy 韓国テレビ主題歌に採用




マスタリング参加作品 クライアント:イギリス Sefi Carmel


マスタリング参加作品 クライアント:ドイツ Jorg Himmrich Entertainment - Me-Razor



音楽の歴史を紐解くことは、音色の歴史を紐解くことでもあります。特にクラシック音楽の3大B、バッハ・ベートベン・ブラームスを生んだヨーロッパにおけるマスタリング技術は、本家本元として長い音楽の歴史とともに、その高貴な哲学から世界をリードする真新しいサウンドを産み続けています。特にシューベルトが生前住んだドイツのデュッセルドルフは、高名なスタジオが多数存在するとともに、世界をリードするメーカーがひしめいています。電車で20分ほどのケルンには、世界遺産であるケルン大聖堂が所在し、正に数千年の時を経て現代に息づく素晴らしい音響効果を得られる巨大な教会が、音楽に対しての深い造詣を感じさせてくれます。そんなヨーロッパとの協力関係を強力に作り上げ、ヨーロッパメーカー7社より最も成功しているエンジニア・プロデューサーとして才能を見出され、エンドースメント契約を持つと共に、ドイツ・フランス・ベルギー・オランダ・イギリス・アメリカそしてアジア・アフリカ地区まで、世界中より音源制作を受注しダイナミックに活動しています。



マスタリング機材メーカー
イコライザーのプロフェッサーこと、Roger Shultとエンドース元であるelysia本社にて。

当スタジオのプロデューサーは、バークリー音楽大学でマーク・エインスティマン(ポール・マッカートニー、マイケル・ジャクソンなどを担当)、ジョナサン・ワイナー(ピック・フロイド、ウォルトディズニーを担当)などの著名教授陣に師事し、その後世界の第一線で一気に才能が開花した人物です。その発想力や新たな視点は、マスタリング機材におけるリーディングカンパニーであるSPLやelysiaなどの目に止まり、パシフィック地区におけるエンドースメント契約を締結。世界から受注する楽曲制作において、ダイナミックなストーリーは留まることを知りません。ハリウッド音楽の巨匠セフィ・カーメルの他、クライアントは欧米のレコード会社やイベント制作会社など、アジアのアーティストやプロデューサー・エンジニアなどが、全く入り込むことの出来ないフィールドで活躍し、極めて高い評価を獲得しています。
エンドースメント契約の後は、メーカーと二人三脚をする形で、機材における方向性や音作りなどに対して意見を述べ、開発の一部を担うことで世界における音のトレンドの一部作り上げるまでに至っています。
日本では決して手に入らいない、世界の頂点で磨き上げられたサウンドを、自らの音楽にテイストとして取り入れてみるのは如何でしょうか。
更に詳しくは⇒
ミキシング・マスタリングの考え方のページへ



参考音源の Before After を掲載しています。是非お聴き比べ下さい。

掲載の音源は、クライアントから要請があり制作したものですが、これをSNSなどで拡散したところ、ドイツやオーストリア、イタリアなどのアーティストやプロデューサーたちから反応があり、多くの受注をこなうことが出来た音源の一例です。
ハッキリと輪郭が読み取れる構成と、楽曲内に参加している楽器を全てを重要視し、再度構成を見直しています。ステレオイメージやダイナミックレンジの幅も整え直してあり、もはやマスタリングという枠を超えるほどの音の構築が必要となり、国内で行なわれるマスタリングの常識とは大きく異なります。
ドイツのAlsterレコード側からは、テレビでのプロモーション向けに、当社のプロデューサーがどのような音源に仕上げたのかを英語でインタビューされ、尚且自己紹介も含めた映像がドイツ本国で放映されました(以下動画)。SPL社はこの仕事に対し、大きな賞賛を当社に向けてくれ、より充実のサポートを約束してくれました。
こうした世界一流の舞台で繰り広げられる仕事は、日本では考えられないほどにダイナミックであり、尚且最も精錬された音楽を作り上げるセンスと能力を、更に磨き上げる可能性に満ちた場であることに間違いありません。






当スタジオの特徴 The Art of Mastering

『マスタリングでアートを描く』をコンセプトに、国際的な展開を図るのが当スタジオの特徴です。最も先進性の強い、ハリウッドや欧米の一流アーティストをクライアントに持ち、著名プロデューサー、スタジオとの協力関係を数多く築いています。
世界中のスタジオと日々激しく競争を繰り広げながら、確実に一つ一つ作品を生み出していくことで、その地位は確かなものとなり、世界で最も価値ある音を作る一社に数えられるまでに成長を遂げています。
特にステムマスタリングにおいては、その全てをアナログコンソールとアナログギアで仕上げる技術と機材を持ち合わせており、アナログならではの徹底した作り込みを可能としています。

メインマスタリングEQ



スタジオ内フロアガイド

マスタリングスタジオルームのフロアガイド

アコースティック楽器をどこまでも美しく、そしてその美しさはあくまで世界で最も価値ある音を提供することで、極めて強い輝きを放つ哲学を背景に当スタジオは誕生しました。

世界中の機材メーカーやスタジオのCEOをはじめ、アーティスト、プロデューサー、エンジニア、コンサルタントと太いつながりを有しており、イギリス本国において世界最高峰のスタジオをサポートするコンサルタントよりアドバイスを受け、日々最新情報に目を光らせています。また、エンドースメントという契約は、世界がどの方向を向き音作りを行うかをいち早く知ることが出来、モノによっては日本に情報が入ってくる3年も前に直接メーカーから情報が寄せられます。さらにはプロトタイプの状態で機材を触ることもありますし、その機材に対してのインプレッションを行うことも頻繁です。世界中で行われるショーに合わせ新たしい機材をリリースしてくるメーカー達ですが、そのショーよりも1年も前には、新しく考案される機材の方向性や今後何を考えているのかも知らされることとなり、開発という面からも正に世界最先端の音に触れる機会を与えられています。
こうした規模の環境から作られるサウンドというものは、これまで国内で常識とされてきたものを大きく逸脱するとともに、『海外の音を如何に真似るのか』という視点にとらわれていた国内市場の考え方を否定し、『新たな世代として、世界中で最も洗練された音を作る』ことをタスクとし日々の業務に勤しんでいます。

主要機材はSSL XL-DESKとNEVE8816+8804をメインコンソールとして共存させ、ステムマスタリングに置いても全てハードギア、並びにアナログコンソールを用います。実際に当スタジオで受注する世界第一線の音源で感じ取ることの出来る、あの肉厚なサウンドとダイナミズム、そして多くの音圧を稼いでも潰れること無い克明なサウンドを実現するには、マスタリングにおいてもステムでのアナログコンソールやハードギア用いなくては、不可能なサウンドメイキングと断言できます。使用機材はその殆どが日本未入荷の状況であり、SPLのPQやCustiom Audio Germany HDE250A、Roger Shult、Bettermaker他、elysiaなどの最新機材を組み合わせ、あらゆる要素を求められる音作りを可能としています(プラグインは、極々一部のEQカットやデジタルリミッターに限り使用しています。)
日本から世界へ向けてのこのスタジオワークは、今後さらなる可能性を信じ拡大していくことと感じています。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。


マスタリング・コンソール

shop info店舗情報

アーティストピアノサービス株式会社

〒261-0012
千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6
TEL.043-376-5989
FAX.043-371-3281


マスタリング Before/After


ミキシング&マスタリング参考音源


CM/BGM/テーマ曲参考音源


キングインターナショナル/レコーディング


マスタリング時の使用機材の一部紹介