本文へスキップ

マスタリング・ミキシング機材レビュー。世界中から集められた機材は、みりょくてきな音色を作り上げます。

電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

マスタリング&ミキシング機材レビューEquipment Review

トップ < ポストプロダクション < マスタリング&ミキシング機材レビュー

Custom Audio Germany HDE-250A

マイスタリング・イコライザーHDE250

当スタジオは、自分たちの気に入った機材を輸入する、貿易商社でもあります。この複合的な体制自体は、世界的に見れば極自然の流れと言えます。そもそもスタジオ運営は、レーベルが有り、機材の開発を行い、レコーディングやマスタリングといった音源制作を自前の機材で行い、配給をレコード会社に委託していました。その個々の機材の設計図が最近ではオープンになり、アビーロードスタジオのEMIはじめ、著名スタジオ機材が、Chandler Limitedのような形でライセンス生産を行うようになっています。

この流れは、アメリカでは余りメジャーではありませんが、最先端を行くヨーロッパでは通常のこととして捉えられています。機材メーカー自体が、その殆どをヨーロッパメーカーで占めていますから、開発力からして力の差は歴然です。それを反映するように、スタジオはアメリカよりもヨーロッパのほうが遥かに進んでいて、恐らくは特にドイツが先進性に富んでいるように思えます。また、個々のスタジオが企画する機材が流通しており、隠れた名器として世界中から支持を集めています(日本はどうした。。。ですが・・・)。

そんな背景もあり、僕がこの度出会ったのがCustom Audio GermanyのHDE-250A。完全に口コミで、Facebook越しに友人のまた友人と繋がっていき、Steffen Muller(Custom Audio Germanyのオーナー)と知り合うことになりました。元々は、ドイツ人マスタリング・エンジニアのDanと親交があり、彼がHDE-250Aを使用していたことから、Steffenを紹介されたのがきっかけだったと思います。Steffenもプロデューサー・マスタリングエンジニアで、ヨーロッパの第一線からのノウハウが詰まった機材ということになります。Steffenは、元々はPhilips Recordに所属していた人物で、アーティスト活動の後にプロデューサー・マスタリングエンジニアに転身したとのことです。そんなSteffenが作り上げたスーパーマスタリング・イコライザーHDE-250です。


音は勿論美しいのですが、外見も逸品の機材です。

取り敢えず、今現在マスタリング用のイコライザーとしては、最新のアルゴリズムを持っている音かと思いますし、M/Sモードを備えているEQは世界広しどそうはありません。もっとも、ステレオからM/Sへ変換できるコンバーターは幾つか有るので、それを使えば良いとの考え方もありますが、基本的にコンバーターは使わない、フレッシュな音で勝負しようとすると、TK AudioのTK Lizerくらいしか思いつきません。今回のHDE-250を導入するにあたり、TK Lizerも選択肢に入っていたのですが、サウンドを思い切って激変させるパワーや、楽曲を際立たせる美しさということであれば、ちょっと見劣りしてしまいHDE-250を導入しました。
マスタリング段にインサートさせる以外には、ミックスバスに挿すことも考えられると思います。あくまでマスタリンググレードなので、ジェントルにもトリッキーにも変化する変幻自在の機材ですから、どうにでも楽曲を仕上げられてしまうと思います。

注意したいのは、音がシルキーなのでBoostし過ぎてしまい、知らずに楽曲構成がメチャクチャにならないことでしょうか。また、スペクトラムアナライザーも必須です。欧米の曲ではよくあるのですが、トータルのPeakは越えていなくても、低音側のPeakのみ超えてしまうという現象が発生します。これは掛かりの良いEQを使用しているとよくあることですし、楽曲のレンジ幅と声部のメリハリを確保しようとすると、自ずとBassがPeakを越えてしまうことがあります。Master BussにLimitterやLoudness Materを掛けているから安心と思うと、思わぬところで落とし穴が発生します。以前放映されたとある番組で、ラウドネス・ペナルティーを受けて驚いたことが有るのは、正に低音のPeakが原因でした。

1970年台の楽曲よりも、音量を下げられてしまったという、苦い経験が有ります。まあ、これらは使用する側のスキルと、きちんと仕組みを理解していれば何ら問題にはならないはずなのですが、余りにシルキーに上がっていくBoost故に、思わぬ勘違いを生んでしまうという一例になるかと思います(そもそも、最終マスタリングは、パッケージ用、放映用、PV用、その他諸々のバージョンを作るのが王道かと思いますが(笑))。またCutは、Pluginで良いと思います。勿論Cutもできますが、この美しきサウンドを使い切るであれば、やはりBoost側かな・・・と思います。

加えてなのですが、僕の勝手なコダワリからすると、M/Sを使用するのであれば、別のEQでL/R直球勝負のEQを入れるべきだと思います。それぞれにアルゴリズムが全く別物なので、どの段階でどのEQを使用するかを楽曲ごとに吟味して、使い分けるべきではないかと思っています。また、もう一つのLogicを用いるのであれば、Pultech EQを挿すことを考える要素もあるかと思います。僕は現在のところ、L/R, M/S, Pltech,それぞれのEQが得意としている箇所を活かして、それぞれに活躍して貰っています。どうもストリングスセクションが、ごっちゃになっているですとか、Stereo Imageに幅がないという場合などには、複数のEQで攻めていくことも一つの手かと思います。

今回のHDE-250Aを、僕の場合はL/R,M/Sそれぞれに使い分けて楽曲構成を行っています。でもやはり、どうしてもM/Sのハードギアという括りで考えると、そのアドバンテージは否めなく、思わず使用したくなる機能であることは確かです。



IGS Audio Ruberband 500 Mastering Edition



この機材をオランダの友人のFacebookで発見し、動画を見て素晴らしいと思ったが最後、既にうちのスタジオにあります(笑)。。。真ん中の青い機種で、凄くしなやかで昨今の機材だとHi-Fiになりすぎてしまうサウンド感を、アナログ機材らしく上手く纏め上げてくれます。落ち着いた、ステキ〜な音へと生まれ変わらせてくれるので、今のところは、SSL XL-DESKのMaster Comp Functionにインサートしています。

本当はSSLのBus Compがそこに居るんじゃないの?とご質問を頂きそうですが、ミキシングからそのままダイレクトにマスタリングセクションに入り、それはもう拘りに拘ったマスタリング・ギアたちが待っていますので、ここでBus Compを掛ける必要性がないんですね。ミックス段階で目指すのは、VUが7掛けくらいで振れる程度のダイナミックレンジが大きく確保された音源です。このセクションでバウンスもしませんし、M/S処理も基本的にはしません。

マスタリングで劇的に音圧が上がるので、敢えてミキシングでトリッキーなことをしないほうが得策だというのが、今のところの僕の結論です。ハードギアだと、デジタルでは考えられないほどに自由度が高く、マキマイザーなどのプラグインで嵩上げされた音圧とは異なり、圧倒的な迫力と奥行きが確保された音源に仕上がります。その一段手前にインサートするのであれば、拘ったEQだろうということで、今はRuberband500を使っています。また、ミキシング音源を受取り、5dB以上も音量を下げてマスタリングするという手法は使われますが、そもそもの音量幅を確保しておけば、マスタリング段に入っても音量を故意的に絞る不自然さもないかな・・・という感じもします。
このChainで最近ストリングス中心で構成される、クラシック系の現代音楽をマスタリングしましたが、本当にシルキーな仕上がりを見せていました。IGS Audio - Ruberband500は、低音の要素がもう少し欲しいときや、高域のしなりが欲しい時、また音源そのものに「静けさ」を求めるときには、打ってつけのソリューションだと思います。この「静けさ」というのは、機材がジェントルな音で効きが弱いということではなく、まとまり感のない音源に強味を発揮するという意味で、効きはかなり強烈です。



Drawmer 1973 Band Compressor



機材の外観イメージは、上段の写真の通り非常にブリティッシュ感溢れる雰囲気です(2機種有るうちの上側です)。Drawmerは日本に代理店が有るのですが、この機種は輸入されていません。なので、今回もイギリスから直接取り寄せました。輸入されていないのは、恐らくは日本のスタジオの中に、バンドコンプレッサーを余り好まない傾向があるかもしれないと思っていますし、そもそもこの手のコンプレッサーの使用方法を、適切に指導できる人も余り居ないのかもしれないとも感じています。番組中でも扱いましたが、確かにバンドコンプレッサーは基本的な哲学を指導されないと、理解が難しいところがあるかもしれませんが、一度使えてしまえばその音楽性と利便性から手放せなくなります。

帯域ごとにスレッショルトは勿論、アタックタイムやリリースタイムを指定できるわけですから、音色作りは非常に幅広く扱うことが出来るようになります。僕の場合は、バークリーのマスタリングクラスで、12週間に渡り iZotope Ozone7 でその考え方を指導されました。当初はかなり難解だったのですが、今ではヘビーユーザーとなっています。そのバンドコンプレッサーは、Maselec、Tube Techからも出ていて、IGS Audioもリリースしています。

凡そはこの4社が競い合っている雰囲気で、感覚として最も先進性が強いのは後発の IGS Audioかと思います。これら環境の中で、全く人間関係のないこのDrawmerを、何故に導入したのかというと、SSLやNEVEに代表されるように、昔ながらのブリティッシュサンドと、その哲学を見てみたかったという点があります。Maselecは、Liefとの関係性はあったにせよ、世界中で使用者が居すぎてしまい、ちょっとベタな感じがしたので、他の側面から探ってみたいと思ったところもあります。

その直感は大凡当たったというところだと感じており(サウンド感は番組を聞いて頂くと分かりやすいと思います)、外見からだけでなく音もイギリスならではの伝統的なコンプレスを掛けることが出来ます。SSLの伝説的コンプレッサー、Bus Compに掛かり具合は似ていて、その上Ratioが固定(雰囲気からすると2:1固定)で、帯域ごとに調整が可能とでも表現すれば分かりやすいでしょうか。また、パラレルコンプレッションが可能な点も、非常に扱いやすい部分かと思います。

あとは、最近リリースの機材同様、高帯域にはAir機能が付いていたり、Bassにも同様な形で音色を強調する機能が付いています。因みに僕自身は、Air も Bassも使用しておらず、理由としては現在うちのマスタリング機材は、その殆どが現代音楽の最たる姿でサウンドメイキングが可能であり、Hi-FiというよりはHiHi-Fiとでも言えば良いのでしょうか(笑)?ちょっとキツイくらいに、クリーンで透明感の有る音が作れてしまいます。作れてしまうというくらいに、too muchの音色なので、こうした伝統的なブリティッシュサウンドを、上手く挟ませていくのも手数としては良いかな・・・と感じているので、敢えて1973を通すことで得られるAirなどは必要ないと感じ、使用していません。
ただ、マスタリングは機材の組み合わせと相性が物を言うので、今のとこ出番がなかったと説明したほうが正しいかもしれません。出番があった折には、またご紹介してみたいと思います。

shop info店舗情報

アーティストピアノサービス株式会社

〒261-0012
千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6
TEL.043-376-5989
FAX.043-371-3281



キングインターナショナル/レコーディング


ミキシング・マスタリング Before & After


CM曲参考音源