​Welcome to the next generation art & inovetive world. - ようこそ、次世代の芸術と革新の世界へ -

 ARTS & MUSIC

 GROUP

 Press Release News

​グループ事業概要

WHAT IS A

OUR VIEWPOINT

ハイテク・ベンチャー企業として​世界を舞台に繰り広げられるA&Mグループの事業は、21世紀型の『音』を軸とした新たな価値を創造する『イノベーション』により、誰も見たことのない新たな景色を創出してきました。開発アライアンスメンバーやパートナーたちはヨーロッパや西アジアを中心に全世界に散らばっており、世界中の若き才能ある天才たちを当社の考えるグローバルレベルでの最高価値を創出するために集結させています。

​世界人口80億人への強力なITサービスを前提とした思考を土台とし、グローバルで競争力のある企画を次々と実現させています。特許を申請した次世代型のサウンドプラットフォームと位置付ける斬新なソフトウェア、『EarEffect』は多くの難題をクリアしながらスウェーデンやドイツ、イギリスなどの天才プログラマー達と共に開発。世界最高のプログラマー達に言わせても不可能とされた『EarEffect』の開発を通し、サウンドエンジンのノウハウを構築したことで、本格的にVST/AAXプラグインの開発にも参入し『FinalEffectの展開を開始しました。更には『ハードギアを超えるプラグイン』といったこれまでの定義を大きく覆すコンセプトを築き上げ、常に世界市場を牽引する最先端の思考を重要視しています。前例のない開発アプローチとブランディングやマーケティング、そして世界に無い新たな価値を生み出し続けるエネルギッシュな想像力と発想力など、国際的なベンチャー企業として必須とされる要素を重点的に、アグレッシブな形で成長を遂げています。

その根幹となるのは、当社の起源であり世界で大きな実績を残してきた音楽プロダクションとしての展開です。2018年ドイツワールドカップ公式曲にマスタリングエンジニア・サウンドプロデューサーとして参加したことを筆頭に、上海万博における国際放送の制作への参加など国家行事にまで及び、更には多くの国々でのヒット曲に多様な形態で参加を果たしてきました。アグレッシブなイノベーションにより生み出された多くの実績は、各国のオーディオ機材メーカーから注目を浴び、ドイツ・ポーランド・アメリカなどトップメーカー15社との国際公式エンドーサーの契約を果たし、更には各国メーカーとの契約は、エンドーサー契約から日本法人設立や日本総代理店へと昇華し、世界的に見ても唯一無二の真新しい多角的なビジネスモデルを形成してきました。

2021年から始まった自社ブランドGENESIS SOUND TECHNOLOGY、サウンドプラットフォームEarEffect、プラグインブランドFinalEffect、そして貿易商社として全事業を結合させグループでの更なる飛躍を目指してまいります。

『国際社会で価値あるイノベーションを起こして行く』ハイテク企業として、当社はこれから来る社会を創造し、中世の芸術家以上のイマジネーションで、人類がまだ見たことがない景色を創出する企業であり続けたいと考えています。

​2018ドイツワールドカップ公式曲にマスタリングエンジニア・サウンドプロデューサーとして参加

 
 
 

​事業部門

DIVISION

ef-4.png

EarEffect

 

サウンドプラットフォーム型ソフトウェア、EarEffectを展開。​​グローバルITプロダクト。

Final effect-01.png

FinalEffect

 

VSTプラグインFinalEffectブランドの展開、及び各サウンドエンジンの開発​グローバルITプロダクト。

logo-white.png

A&M GROUP Development

​サウンドエンジン・プラットフォーム、GUI、フィンテックなどの世界戦略向けシステム開発サービス。

genesis_logo_ok_k_1500.png

GENESIS SOUND TECHNOLOGY

IoTヘッドホンを中心に、グローバル展開するGENESIS SOUND TECHNOLOGYブランドの運営。​

image2.png

A&M GROUP Trading

輸入、輸出、国内代理店、貿易全般を執り行う。現在欧米メーカー10社の日本総代理店。

Untitled-4-01 (1).png

Hiro's Music Production

(日本・ドイツ)

​日本、ドイツ・デュッセルドルフに所在する、Hiro's Music Productionのメインオフィス。

GUI A+M Comp_status2.png

​新ブランド FinalEffect より、VSTプラグインReal Edgeシリーズ FINAL COMPRESSOR を9月リリース

EarEffect
動画を再生

​DISTRIBUTOR

SPL JAPAN

spl-sound-performance-lab-vector-logo.pn

IGS Audio JAPAN

igs-audio-7737.webp
sky-audio1.webp

SKY AUDIO

Equitech-New-Logo_17f367c3-f327-4f34-80b

EQUI=TECH

hum.jpg

HUM AUDIO DEVICES

Sessiondesk_Logo_Claim.png

​SESSIONDESK

CORDIAL-LOGO_4c_subline_pos.png

​CORDIAL

logo.png

​Marian Audio

Magix-Logo.wine.png

MAGIX

unnamed.jpg

​国内販売代理店

Kii Audio

​CLIENTS / PARTNERS

WORKS

マスタリング参加作品 クライアント:チェコ SUPER MEDIA HAUSE - Emily & Justice 2018年チェコにて最終楽曲賞受賞

マスタリング参加作品 クライアント:スロバキア Karmen Pal-Balaz - Anjel - 東ヨーロッパチャート10位をマーク(2019年4月30日現在)
 

マスタリング参加作品 クライアント:モンゴル Naran

マスタリング参加作品 クライアント:アメリカ・韓国 - Chungy 韓国テレビ主題歌に採用

マスタリング参加作品 クライアント:ドイツ Alster Record -

Die Denkaz ヨーロッパチャート7位をマーク(2018年5月20日現在)

マスタリング参加作品 クライアント:チェコ SUPER MEDIA HAUSE - Emily & Justice

マスタリング参加作品 クライアント:モンゴル Naagii 
モンゴルチャート3位をマーク(2019年10月30日現在)

マスタリング参加作品 クライアント:ドイツ Jorg Himmrich Entertainment - Me-Razor

RICHARD 2.jpg

プロデュース・アレンジ・ミキシング・マスタリング参加作品
ジョン・キャペック(TOTO、ダイアナ・ロス、ロッド・スチュアートなどの作曲家)、Ziv Shalev(ロッド・スチュアートやジョー・コッカーなどのツアーギターリスト)、Chuck Sabo(エルトン・ジョン、ブライアン・アダムスなどのドラマー)など、世界のスーパースター達を結集して制作された作品。

全世界でヒットし20カ国以上でチャート1位を獲得。

​企画力と演奏力双方がかみ合ったヒット作の一例。

michal.gif

プロデュース・アレンジ・レコーディング・ミキシング・マスタリング参加作品
当社の得意とする、最大級のフォーマットで制作されたムーンリバーのプロジェクト。ポーランドのミハウ・ソブコヴィアクをメインピアニストとして据え、彼のピアノと共に大掛かりなストリングスオーケストラをサンクトペテルブルグから迎えた。ストリングスセクションのアレンジはケルンで行い、デュッセルドルフのグループ会社が全てのマネジメントを担当した。

viviana.png

圧倒的な歌唱力を誇るイタリア系ドイツ人のViviana Miliotiによる、世界デビュー盤のリリースに伴い、全面的なプロデュースを依頼されたことから、最終的にミキシング・マスタリングまでを当スタジオで行っている。世界の第一線で繰り広げられるプロダクション業務の、典型的な規模と言える。ストリングスオーケストラは、サンクトペテルブルグ、ドラムはロンドン、ギターはニューヨーク、ピアノは日本で収録された。

VINCERO 22.jpg

2021年春公開のドイツ映画、Vincero'の主題歌として採用された一曲。

​ストリングスチームを率いるマリアを筆頭に、今回はフランスからパトリック(リチャード・クレイダーマンのサポートパーカッショニスト)が新たに加入し、ヨーロッパらしい洗練されたサウンドを作り上げた。

Client&Partners

・フジヤカメラ店エービック部門

・ヨドバシカメラ

​・ビックカメラ

・上新電機

・サウンドハウス

・宮地楽器商会

メディアインテグレーション

​・イケベ楽器

・文化
・東京都庁
・東京文化会館
・東京国際フォーラム
・社会福祉法人東京都社会福祉協議会
・財団法人横浜市芸術文化財団
・独立行政法人/国際交流基金-JAPAN FOUNDATION-
・財団法人ポーラ美術振興財団
・三井住友銀行
・ソニー・ミュージックエンターテイメントグループ
・ユニバーサル ミュージック

・ワーナーミュージック
・ビクターエンターテインメント
・キングレコード
・キングインターナショナル

・ポニーキャニオン
・東映グループ各社(製作会社含む)
・小澤征爾音楽監督/東京のオペラの森
・ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭
・KAJIMOTO(梶本音楽事務所)
・ジャパン・アーツ
・モエ・へネシー・ルイ ヴィトングループ - LVMH -
・ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー - LVJグループ -
・ラルフローレン
・メルセデス・ベンツ

・ジュン
・松屋銀座
・ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ - HYATT -
・電通グループ各社・博報堂グループ各社
・アサツー ディ・ケイ
・乃村工藝社
・アマナグループ
・ライトパブリシティ
・エキスプレス
・NHKグループ各社(製作会社含む)
・日本テレビグループ各社(製作会社含む)
・読売テレビ
・フジサンケイグループ各社(財団法人/放送局含む)
・テレビ朝日
・テレビ東京
・共同テレビ
・六本木ヒルズ
・東京ミッドタウン/サントリー美術館
・日立金属高輪和彊館
・ソニー・マガジンズ
・rockin'on JAPAN
・アシェット婦人画報社
・阪急コミュニケーションズ
・テイクアンドギヴ・ニーズ
・ベストブライダル
・東京ドームシティ
・東京ビックサイト
・幕張メッセ
・林屋総合研究所音楽事業部
・インターネット・イニシアティブ
・PBJ
・アンド・エー
・日本土地建物
・東京大学
・政策研究大学院大学 - GRIPS -
・専修大学
・日本大学
・大東文化大学
・帝京平成大学

他多数


主要取引先 海外

・SPL(ドイツ)

・MAGIX(ドイツ)

・CORDIAL(ドイツ)

・HUM Audio Device(ポーランド)

・IGS Audio(ポーランド)

・SKY AUIDIO(ドイツ)
・elysia(ドイツ)
・Bettermaker(ポーランド)
・MUTEC(ドイツ)
・Kii Audio(ドイツ)
・Session Desk(ドイツ/ポルトガル)
・Horch(ドイツ)
・Roger Schult(ドイツ)
・Thomann(ドイツ)
・KMR Audio(イギリス)

・Steinway & Sons(ドイツ)

・Warner Brothers(アメリカ)
・Universal Entertainment(フランス)
・Alster Record(ドイツ)
・B Record(ロシア)
・EQUI=TECH(アメリカ)
・Asso AuditionSolidarite(フランス)
・Louis Vuitton Malletier(フランス)
・Stat-Rec(フランス)

・Sefi Carmel Sound Ceation(イギリス)
・SMG - 上海メディアグループ(中国)



他多数

COMPANY 
INFORMATION

社名:A&Mグループ株式会社 - アーツ・アンド・ミュージックグループ

代表者:坂本諭加子

本社所在地:〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6
TEL:043-376-5989

設立:2007年

資本金:20,000,000円

​従業員数:20名(外国人、国外居住者含む)

顧問弁護士事務所:アンダーソン・毛利・友常法律事務所

​​関連会社:A&Mインヴェストメント株式会社 - SPL JAPAN運営会社

◇ 事業内容

 

​・Windows・Mac / Android・iPhone 端末向けアプリケーション企画開発

​・ソフトウェア・アプリケーションの販売 / サブスクリプションの展開

​・オーディオ機器の製造

・業務用音響機器のシステム構築・設計

・海外オーディオ機器メーカーにおける日本法人・及び日本総代理店の運営

・国内外における音楽制作、楽曲制作、音楽プロデュース
・レコーディング、ミキシング、マスタリングスタジオの運営

・以上の事業を含むコンサルティング及び貿易業務全般

◇ SDGsの取り組み

日本が製造業で世界に認められた20世紀型の事業発展の時代が過ぎ、現在の日本の企業力・国力は低下の一方を辿っています。現在においては、各指標で先進国最下位という状況にあり、早急に打開策が求められています。

また国内のIT企業においては、最先端の思考で世界を牽引するといった考え方は乏しく、国際的なハイテク・ベンチャー企業が創出されない中、 私たちは21世紀型の最先端というトンネルの中を、先頭で穴を掘り続ける次世代のハイテク企業として、強力なメッセージを携え新たな価値の創出とイノベーションに事業の主軸を置いています。

そして衰退してしまった今の日本にもう一度息を吹き返してもうべく、私たちの活動と精神姿勢から国力を取り戻す原動力を目指し、世界のボーダレスといわれる「芸術」や「IT」という分野において、Art of Digital(デジタルでのアート)をコンセプトに日本の産業界を盛り上げ、牽引していきたいと考えています。

◇ 受賞歴

2022年 ひまわりベンチャー育成基金