本文へスキップ

ブログ・コラム

電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

マスタリング

今日も充実したレコーディングを楽しむことが出来ましたが、当スタジオが最も強みを発揮する一つとして所有しているのが、SPL Cresceondです。150dBものサウンドをキャプチャーできる器というものは、聴いたことがないほどのクリーンサウンドとダイナミックレンジを感じることが出来ます。何をもって史上最強とするのか・・・という議論は様々な余地があるかと思いますが、最も新しい考え方且つ、最新の哲学が産 […]

 最近は正に世界中のアーティストと歩んだ3カ月と言えるかと思います。ニューヨークとロンドンにこの間出向いて、コミュニケーションを円滑にしながら様々な楽曲を手掛けてきました。クラシックの王道を行く曲からクロスオーバーの楽曲、ギターヒーローを彷彿とさせる楽曲から現代の総合アートをモチーフとした非常にアーティスティック性溢れる楽曲など、月の限界値とも言える曲数をこなしてきました。その一つ一つが世界との […]

SPL HalkEye

2019/08/13

プラグインの導入が続々と進んでいます。プラグイン単体でのミキシングやマスタリングは絶対に行いませんが、上手くハードギアを補佐する形で使用していくことには非常に好感が持てます。そうそう、補佐役でプラグインを使うという概念であれば非常に上手くいく気がします。これを感じ始めたのは、今年の1月に発表になったスロバキアのアーティストの楽曲をマスタリングした時でした、繊細さとダイナミックなイメージを共存させよ […]

ノイズ処理のプラグインで知られるIzotopeのRX7ですが、ボーカルノイズの案件がありサマーセールということもありRX5からアップグレードしてみました。ちょうどドイツの友人がFacebook上でRXを使用している写真をアップしていたので、彼に7は使いやすいかを聴いてみたところ 『絶対にアップグレードするべきだ』 という一言を貰い、それも後押しとなりました。SEQUOIAに付帯しているノイズ処理機 […]

朝からミキシング・マスタリングでした。以前から気になっていた、Flaxのプラグインがサブスクリプション型に変更されたのでインストールし、仕事をスタートしました。最近アナログ機材とデジタルの住み分けが自分の中でも再構築され始めていて、非常に整理された音源を制作できる喜びがあります。アナログは兎に角パワー感があり、豊かな音を作るのは絶対的にアナログありきなのですが、ある種の豊かさは飽和とも取れるような […]

Decca Tree

2019/08/11

オーケストラのレコーディングに向けて、Decca Treeのテストをしています。さすがの扱いやすさで、様々に細かいところまで気の利いた作りをしています。マイクは勿論仲の良いBraunerで行こうと思っています。最新の音が録れるような仕様にしたいですね。 楽しみです。

Leapwing Audio

2019/08/11

先月来日したロビンが運営するLeapwing Audioのプラグインを、やっとテストする時間が出来ました。もう毎日毎日業務に追われてしまい、中々こうした時間を取ることもできないくらいに多忙になってしまいました。それはそれとして、このプラグイン、最近欲しいと思っていたソリューションがすべて含まれているという感じがして、ダウンロード前から期待値の高いものとなっていました。意外とLRのバランスとCent […]

毎日かなりの量のミキシング・マスタリングをこなしますが、その中で最近お気に入りになった一つが、エンドーサー契約をしたばかりのBlack Rooster Audioが放つEdelweiss72です。マスター用のプラグインですが、非常にクリアかつ音楽的な美しさに溢れている一作で、挿したのちに感じることとしては毎回楽音のまとまりと、ノーブルな何か・・・何でしょうか・・・何とも霧掛ったようなシルキーさを感 […]

今当スタジオの業務というものが急拡大しています。音楽プロダクションとしての成長はもとよりも、世界中の様々な音楽シーンにおいてプロデュースという楽曲の根幹をなす責任者としての仕事が急増しています。これはこれまで積み重ねてきた様々なシーンでの実績が裏付けとなり、CM音楽からアルバムつくりにおける楽曲の方向性やブッキング、各アーティストの演奏におけるディレクションまでを請け負っています。 そうした中でS […]

新しいアルバムの企画で、テノール歌手のグイドーと共にラーメン屋さんでミーティングです。毎日海外からクライアントがいらっしゃいますが、今日はイタリアからのお客様です。新しいアルバムを制作することになっており、バリバリのテノール歌手のグイドーですがクラシカル・クロスオーバーにも大変精通しており、オリジナルの楽曲を書こうという話し合いになりました。ロンドンの友人、セフィ・カーメル(ハリーポッターやETの […]

8月も庁が付くほどの多忙で過ごさせて頂いています。スタジオが元気なのは何よりですし、多くの影響力のある仕事をさせて頂いていることは嬉しい限りです。そんな中、昨日はアメリカからミキシングエンジニアのDee Keiが来てくれました。色々な国と仕事をする当スタジオの音楽プロダクションですが、その中でも最も多い部類に入るのがやはり英語圏、特にアメリカはクライアントや関係者が多い国です。Kii Threeの […]

伝説的な作曲家ジョン・キャペックと、編曲家・プログラマーとして著名なセフィ・カーメルの2人のスーパースターによる楽曲をミキシング中です。50トラックを超える大作となっており、この先のオーバーダビングのためにDAW内で楽曲をミキシングしています。担当としてはジョン・キャペックがピアノアレンジを担当し、彼が弾いたピアノがプロジェクト内に収められており、セフィ・カーメルがアレンジ・プログラミングしたファ […]

今月も残すところわずかですが、非常にアグレッシブに仕事をさせて頂いております。リリースが8月に予定されているものが多く、それまでにプロデュース、レコーディング、ミキシング、マスタリングを一気に進めています。特に大変なのが海外とのやり取りで、超一流のアーティストたちと共にロンドンやニューヨーク、ケルンなどのディレクションを行いながら楽曲を纏めています。ミキシング・マスタリングは、リリースまで無制限で […]

先週のこととなりますが、アムステルダムのアビーロードスタジオからロビンが来日し、彼と一緒に食事やドライブを楽しみました。代理店の招聘で来日したようでしたが、代理店経由で伝えられている彼の姿と、実際にヒアリングして聞くことの出来た彼の姿は随分と違うものでした。 マイアミやロンドンを拠点に仕事をし、現在はアムステルダムで教鞭をとっているとのことで、4月にアムステルダムにいった折に彼の職場には顔を出して […]

伝説的なアーティストとの仕事というものが、一体どういうものなのか?中々想像つきにくいものですが、自分が今まで経験してきたものとしては、至っていつも通りのことをするという程度の認識です。今の状態は、ジョン・キャペック(TOTOやダイアナ・ロス、ロッド・スチュワート、ジョー・コッカーやオリビエ・ニュートンジョンに楽曲を提供)とセフィ・カーメル(ET、ハリーポッター、フィル・コリンズ、デイビッド・ボーイ […]

現在世界中とのやり取りで、毎日を過ごしています。ジョン・キャペック、セフィ・カーメル、チャック・サポ、そのほかにもサンクトペテルブルグのマリアやケルンのマダリーナなど、世界中と音源をやり取りしています。プロデュースの担当楽曲は10曲までと決めていますが、流石にその10曲がずっと続いている状況はハードです。機材はこれまでで最大のアップデートも控えており、配線をやりくりしながらスタジオを止めない工夫も […]

DIY 500シリーズ

2019/07/02

DIYでapi500フォーマットのイコライザーを自作しています。国内では見かけませんが、海外ではDIYはかなりメジャーな存在になりつつあります。自分で組めば額面は半額ほどに下がりますし、何と言っても機材自体の理論を肌身で覚えることが出来ます。といっても、各パーツがどんな意味なのかは今一つ分かっていませんが、思いのほか面白い趣味といった感じです。感覚としては、自作ラジオが作れれば良いのかな・・・とい […]

プロデューサーというと、予算編成からそのアーティストをどういうキャラクターで売り出すかなど、プロモーションやビジネスの側面が強いように思えますが、僕が思うのはやはり楽曲を制作するうえで何よりも重要だと思えることは、アーティストにそれまで見たことのない新たな境地と景色を見て貰うことだと感じています。どういう手法で新たな境地・形式を見て貰うのか?という方法論は勿論様々にありますが、自分の場合は世界的な […]

elysiaのalpha compressor といったらKing of compressor という表現は誰もが頷くかと思います。そしてもう一つの勢力がSPL IRON・・・それにShadow Hills辺りでしょうか。それなりの規模のある海外のマスタリングスタジオであれば、全部またはこの2つが凡そ採用されているケースが多いように思えます。インディーメーカーを足せば勿論もっと世界は広がるのですが […]

  プロデューサーとサウンドエンジニアを両立する音楽関係者は、欧米の音楽シーンではよく見る光景です。私自身もまさにそうした人物たちと同じ立場にいるわけですが、指揮系統として日々世界の超一流アーティストのレコーディングに立ち会うチャンスに恵まれます。自らでレコーディングするのか?或いは現地のエンジニアに任せるのかは毎回スケジュールや楽曲の方向性で考慮することですが、何と言ってもその『サウン […]

  夏の大型アップデートを予定しています。毎年この時期になると、機材の更新を行ってきましたが、大型と銘打つのは今回で最終となる予定です。今回のアップデートで、機材は凡その完成型を見ることになり、間違いなく世界で最も充実したスタジオの一つになることは間違いありません。以前は自分が国内で唯一のエンドーサーであるとか、パシフィック地区を代表するといった意識が強かったのですが、もはや世界の頂点と […]

昨日から始まったピアノのオーバーダビングです。プロデュース案件ですが、プロモーションも含めて音源の一部を公開させて頂きました。この楽曲はフランスのオリビエに依頼し、作曲とプログラミングをしてもらいましたが、本当に優雅でドラマチックな楽曲に仕上がってくれています。やはり音の組み上げ方、作り上げ方が全く別物で、改めてそのスキルの高さというものを改めて感じさせられます。 今回のレコーディングでは、SPL […]

スタジオというものは常に次のステップを考慮しているものですが、これまでは構想していたものがあまりに壮大であったため、その構想に追いつくことでやっとだったと言えます。また、その構想を実現している最中に、エンドース元のメーカーが新しいアプローチをしてくることで、更に要素が増え、その先を考慮する必要が出てきたことも確かです。 また、この事業をやってみようということで、ライブレコーディングのシステムを取り […]

次から次に、エキサイティングな仕事が続きます。近日中にロンドンのドラマー、チャックとご一緒することになりました。チャックはエルトン・ジョン、ブライアン・アダムス、ペットショップボーイズなどなど、僕が子供のころから聴いていた楽曲に参加する凄腕ドラマーです。世界はインターネットのお陰で本当に狭くなりましたし、こうしたチャンスというものもオンライン上で直ぐに共有化が可能となり、不可能と思えたものが直ぐ隣 […]

ニューヨークから帰ってきて、早速に次の海外の仕事が持ち上がっています。次はロシアのバイオリニスト兼指揮者の、マリアとのレコーディングをブッキングすることになりそうです。音楽シーンも、グローバルになると本当にアグレッシブです。その上演奏能力が物凄く高く、次の仕事が本当に楽しみです。

今のマスタリングスタジオを作り、2年半が経過しました。僕が最初に目指したのは、海外で経験したアグレッシブなスタジオワークを日本に持ち帰ることでした。バークリー音大で、ジョナサン・ワイナーやマーク・エインスティマンに師事して、『マスタリングの考え方』を学びましたが、それはあくまで大学という枠内での経験。正直なところ、今役立っているかと聞かれれば、習ったものはほぼ何も使っていません。ただ、ポール・マッ […]

今回のニューヨークでのレコーディングは、非常に有意義なものとなりました。特にギターリストのZivは素晴らしい仕事をしてくれ、かなりのセッションを溜め込んでニューヨークに飛んだので、詰め込み状態のスタジオワークとなりましたが紳士的な対応に感謝しています。売れっ子ニューヨーカーのセッションとなると、事前に多少の公募をすると物凄い勢いで申し込みが入ります。今回だけでも、ドイツ、フランス、ドバイ、インドネ […]

素晴らしいニューヨークのギターリストと仕事をしています。主にセッションギターリストとして活動する Ziv Shelev に、あるプロジェクトの一部を任せています。任せているというのは、こういったセッションアーティストの場合、元々のデモ音源があって、それを忠実に彼の技量で再現するのか、或いは彼のセンスに任せるのかという選択肢があります。今回はZivのセンスに任せてセッションを行って貰うということで依 […]

Naranを皮切りに、モンゴルノスーパースターたちを担当する機会に恵まれています。今回はNaranからの紹介で、Naagiiのマスタリングを現在しています。やはり世界から受け取る音源というものは非常に刺激的で、様々なアプローチから楽曲が成り立っているためこちら側の技量も相当に試されます。音の作り方はこれまでロスアンゼルスのMaorのスタジオに出していたとのことで、やはりグローバルスタンダードに準拠 […]

レビューのページへ、elysia Xpressorを追加しました。https://www.for-artist.com/mixing-mastering/review.html