本文へスキップ

ブログ・コラム

電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

マスタリング

ずっとやりたかったことでしたが、加瀬君が正式に加入したことで大分幅が出てきました。彼がIGS Audioのプロダクトスペシャリストとして、実際に機材を使用してのデモ動画を作成できました。今後さらにクォリティを上げていきたいのですが、先ずは機材の特性と使い方みたいなものを知って頂く良い機会になるかと思います。 S-Typeは、昨今のIGS Audioの傾向のままに、クローンとしてリリースされている中 […]

   来春公開予定のドイツ映画、”Vincero’”の公式主題歌が発表となりました。お聴きの通り、壮大な主題を持つこの楽曲は非常に展開が大きく、この雰囲気を出すのに相当な苦労がありました。オーケストラのサウンドとともに、多くのシンセサイザーにおけるプログラミングも使用していますが、特に様々な効果音とパーカッションの扱いには苦労しました。当初はフルオーケストラとい […]

輸入代理店として活動している、人気のIGS AudioのBlue Stripe (1176系)のデモ動画を、短いですが作ってみました。今まで多くのコンプレッサーを所有してきましたが、ここまで強烈なインパクトを与えてくれる機材には出会ったことがありません。ドラムバスに今回は挿してありますが、elysiaのMpressorでもなく、apiでもないとてつもないエネルギーを得られるコンプレッサーです。代理 […]

音楽制作の場は、完全にオンライン化された現在、今のような状況下でも平時と変わらない活況感があります。その中で最近最も大作といえる楽曲を手掛けています。今年からパートナーを組む、イタリア人でドイツ・デュッセルドルフに在住のTony Luzzi作曲で、彼の秘蔵っ子であり、やはりイタリア系ドイツ人であるRicaldo Marinelloが歌唱を担当する映画のタイトル曲です。楽曲の題名である、&#8221 […]

こんにちは。アシスタントプロデューサーの加瀬です。 昨日、会社スタジオにて、上司の古屋よりマスタリング技術の研修を受けておりました。不定期ではありますが、このような技術研修を受けることができていることの恩恵は、僕にとって非常に大きいものがあります。世界の中での最前線で活躍されている上司から受けるレクチャーは、毎度その内容に驚かされることも多く、こうやってこの音が出来ているんだ、という制作の核心にあ […]

皆様こんにちは。IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております加瀬です。 今日はIGS Audio Tubecore 500の魅力について、まずはドラムにフォーカスしてお伝えいたします。 まずは、API500フォーマットのモノラルTubecore 500から書き始めたいと思います。この機種は、スネアトラックにインサートすると、歪み感と質感をコントロールすることができ、上質な音から荒っぽい音ま […]

こんにちは。IGS Audio社の輸入代理店業務を担当しております加瀬です。 先日より、神田にございます宮地楽器RPM様2Fにて、弊社が輸入代理店を担当しておりますIGS Audio社の500シリーズ機材のうち、TUBECORE 500、ONE LA 500、RB 500 MEの3機種の店頭デモ機の展示が始まりました。 お店の方へお邪魔させて頂きました際に写真を撮影させて頂きました。常時ProTo […]

約4年の歳月を掛けて構築してきたスタジオの機材ですが、最終型としてのアップデートに入りました。ここ1年間で同スタジオを使用し、何が理想形としてふさわしいのかを吟味したうえで、最終型のサウンドを創造しています。最近特にスケール感のあるシネマティックなサウンドを追い求める傾向と、クライアント達からもその手のサウンドを求められることから、アナログのプロセッサーに加えて、Eventide9000を導入する […]

スタジオにIGS Audioの新機材を導入します。今や当スタジオにとってSPL・elysiaと並んで、無くてはならない機材となったIGS Audioですが、非常にラインナップが幅広く、尚且つ多彩な製品群ですっかり魅了されてしまいました。今回はラック版としてV8の導入をしますが、Hard Knee 故の味のあるコンプレッションを見越しての導入です。特にドラムバスに適していると読んでおり、elysia […]

 今月の頭にリリースしました、ART OF RICHARD CLAYDERMANについて少し触れてみたいと思います。 ストリーミングが世界的に定着したことで、完全にグローバル化が実現した音楽産業において、アドバンテージを取れるのはもやは楽曲のクォリティという最もシンプルな状況が作り出されました。メジャーもインディーズも完全なフラットな状況での勝負になりますから、何のアドバンテージも存在しない状 […]

IGS AudioやHUM Audio Devicesの正規輸入代理店を展開するTrading Divisionのサイトに、SOUND GALLERYのページを追加しました。これまで関わってきた様々な音楽プロダクション業務を背景に、実際に私たちで機材を用いたノウハウを基に楽曲をご紹介させて頂いております。https://www.am-trading.info/sound-garally

 ニューリリースの楽曲が続いていますが、ここのところ1日に1曲を仕上げるという状況が続いておりまして、かなりハードな状況です。昨日からは、イタリア系ドイツ人テノール歌手、Ricardo Mrinelloのシングルの制作が本格的に始まりましたし、この間にもジブリの曲であったり、もうその他にも本当に多々曲を仕上げている状況です。コロナ渦という状況の中、やはり音楽の消費は完全にサブスクリプションに […]

アシスタントプロデューサーの加瀬です。   本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。  

久々に音楽プロダクションについての投稿ですね(笑)。何もしていなかったわけではありませんで、むしろ今月のプロデュース楽曲の量に生きた心地のしない日々を過ごしています。その数なんと30曲。1日1曲のペースで制作していかないと間に合わないペースなのですが、今回は様々な形で仕事を分担していますし、それが世界中のアーティスト達との共同作業となると、何とか先が見えてきました。14曲のアルバムは、そろそろ完成 […]

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。   本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。   1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 ( […]

IGS Audio社の輸入代理店業務を担当しております、加瀬です。   この度、宮地楽器RPM様の店頭にて、IGS Audioの以下の3機種を参考展示して頂くこととなりました。普段の音楽制作において、実際に使っている機材であることから、様々なノウハウ・使用例とともにお届けできるかと思います。参考までに、各機種の特徴を説明いたします。   1)Tubecore 500 &#821 […]

ご無沙汰しております。アシスタントプロデューサー・サウンドエンジニアの加瀬です。   今日は、HEDD HEDDphoneについて、普段の音源制作においてどのような目的で僕が使用しているかという話を書きたいと思います。   会社スタジオでは、メインのモニタースピーカーとして、Kii Audio Kii Three + BXTを使用しており、このスピーカーは音を細部まで確認するこ […]

 プロジェクトは山のように溜まっていて、次はドイツ在住のイタリア系の新人女性歌手をプロデュース中です。国内も市場が動き出して、結構な数で案件を頂いていますが、やはり世界で売れる楽曲が至上命題となるとかなりの責任が伴いますので、正直なところ心が休まる暇がありません(笑)。そんな中、世界中のバンド仲間と面白い企画を立ち上げてみました。その名も「エキセントリック・リチャード・クレイダーマン」。もう誰も […]

 プロデュース案件がずっと続いており、ブログも更新が出来ないほどに立て込んでいます。フィジカルの世界は既に終焉という状況ですが、サブスクリプションは正に活況そのものです。世界の音楽市場は、サブスクリプションで完全復活を遂げ、更なる繁栄を目指す体制に入っているといえるでしょう。 さてそんな中、今回はイタリア人作曲家で、デュッセルドルフ在住のTony Luzziのプロデュースを手掛けました。デュッ […]

相変わらず多忙な日々を過ごさせて頂いています。ここ最近だけでもかなりの楽曲数をプロデュースしており、毎日のように世界中から物凄い量の楽曲が送られてきます。形態もプロデュースの依頼の場合から、楽曲の買い上げ、更にはコラボレーション、楽曲に出資して欲しいなどなど、それはもうとてつもない数になります。すべての案件で真剣に曲を聴かせて頂いていますが、全世界からのプレゼンテーションとなると、それはもう膨大な […]

 ミハウ・ソブコヴィアクと組んで制作された、「Luxury Night At Moon River」がリリースされました。オーケストラはサンクトペテルブルグでレコーディングされ、ストリングスアレンジはケルン、全てのマネジメントはデュッセルドルフで行われ、壮大なスケールでの制作となりました。ポーランド人のミハウをはじめ、ドイツ、ロシア、そして日本の国際チームにより完成された逸品です。お楽しみくださ […]

兼ねてから興味のあった機材、Little Labs vogを導入できました。プロジェクトが次々に押し寄せて、正直なところパンクの状況ではあるのですが、これまで積み上げてきたものから更に高みを目指すためには、投資はやはり必要です。ブログを書いているこの時間、日本時間の夜9時辺りから時差で海外が急に元気になりだしメールが増えます。メッセンジャーやあらゆるSNSにもコメントが増え始めて、プロジェクトの交 […]

IGS Audioの真空管Pultec EQ、RubberbandがIGS Audioから帰ってきました。今回はモデファイのために一度ポーランドへ送り返しており、自分が明るくないパーツの交換をしてくれているようです。確かに3Dのサウンドを作り上げる上では、今日聴いたところによると優れているように感じました。基本的にはSPLの一連のマスタリング機材が無い限り、昨今の強烈な3Dサウンドを作ることはほぼ […]

ドイツ・デュッセルドルフに在住のイタリア人作曲家、トニーと共作することになり契約書を交わしました。今回プロデュース、編曲でドイツの音楽団体GEMAに登録されるとのことで、本格的に世界で活動する醍醐味というものを感じています。 オンラインで繋がれている音楽の世界は相変わらずアグレッシブで、昨今のコロナウィルスの騒動で自粛ムードのある国内業務とは大きく空気が異なります。毎日のようにプロデュース、ミキシ […]

毎日毎日、物凄い量の交渉を世界と行います。世界となれば時差があるわけでして、これが結構扱いが大変です。日本時間の夕方5時が、中央ヨーロッパから西ヨーロッパにかけての始業時間にあたり、凡そ朝の9時前後です。これが8時間の時差にあたり、更に夜11時くらいになるとアメリカとのやり取りが始まります。日本に居る場合ですとこのパターンで、ヨーロッパに居る折には逆に日本に対しての対応が8時間前倒しになる・・・と […]

ピアニストとして、ピアノ輸入貿易業務を通し、毎日毎日ピアノの音に接している身ですが、心底ピアノの音色の美しさに感動します。と言っても、どのピアノにでも感動するわけではなく、自分自身がアメリカやヨーロッパから輸入し、社内にて音色を創り上げたものに関してではありますが。 ピアノをご試弾にいらして頂くお客様と接する機会を多くいただいておりますが、本当に皆様、よく音を聴き分けられ、こんなに綺麗な音のピアノ […]

毎日お陰様で大好きな仕事で多忙にして頂いています。ここ最近は、Facebookからの問い合わせがものすごく多くなり、プロデュースの案件でパリ、アムステルダム、ジャマイカというこれまで取引のなかった地域とのつながりが始まります。パリもアムステルダムも、これまで友人も居ますし行き来もあったのですが、ビジネスとしての取引というのはあまり行われてきませんでしたが、女性シンガーからこれまでの作品を評価しても […]

先日は、スタインウェイL型のご納品でした。ニューヨークのスタインウェイで、クラウンジュエルのモデルというのは、恐らくはこのピアノのみ輸入されたのではないかと思いますが、何とも素敵な外観に、ニューヨークスタインウェイらしい煌びやかなサウンドが印象的なピアノでした。 今回は他の人間が担当していましたので、同行しただけでしたがスタインウェイのご納品というのは毎回緊張させられます。輸入商社としての事業も大 […]

毎日新しい発見というものはあるのですが、同時に視点が変化するということは多々あります。特に機材が一流になればなるほど、奥が深いがゆえにこちら側の裁量が試されることも多いと感じています。というのは、対象機材に対して固定概念を一度作ってしまうと、サウンドを作り上げるそのプロセスに一定の価値しか注ぎ込めなく、可能性を失わせてしまうということが多々あります。なので、『自分はこれで完成』と思うこととは無縁で […]

ごく小さいアップデートですが、マスタリングデスクにモニターを追加しました。レコーディング・ミキシング用にも4台のモニターを使用していますが、多くのメーターやプラグインなどを使用するにあたり、どうしても必要になってくるのがモニターです。マスタリングにはノートPCを使用していますが、HDMIで容易にモバイルモニターが追加できるのは魅力的でした。今までも一つのモニターでどうにか業務はこなせたのですが、や […]