本文へスキップ

ブログ・コラム

電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

マスタリング

ミキシングEQの導入を考えている昨今です。コンプレッサーをプラグインで再現することは、本当に難しいと感じていますが、ミキシングのEQも本格的にハードであれば、やはりそれに越したことはないと感じ始めていました。コンプレッサーの機材は既に選定が終わっており、elysiaを入れる予定でいるのですが、EQが中々決まらずにいました。SSLなので、無難にSSLのEQを入れるか・・・とも考えていましたが、昨今の […]

明日からライブレコーディングです。その機材を整えていますが、今回はMADIシステムと共に、Danteも同時にバックアップとして走らせる予定です。MADIやDanteを走らせるとはいっても、ミキサー卓から音源をもらってくるということではなく、あくまで楽音そのままを収録したい身としては、スプリッターを介して全てのトラックをレコーディング用のマイクプリアンプで集音し、そこからダイレクトにAD変換させてM […]

今日の出来事で一つメモをしておこうと思います。 うちに入ってきたアシスタント2人ですが、既にプロ活動のレベルにある人材を入れたので、どれほどに勉強を共にすることがあるのかは測りかねていました。結局2人ともマスタリング勉強会を開き、マスタリングそのものというよりは、音の感性をよりつぶさに学んでいくというスタイルをとっています。そうした中で、彼らから発せられる言葉としては、 『マスタリングは日本で学ぶ […]

IGS AudioのRubberbandが修理から帰ってきて、フルチューニングされたIGSは本当に素晴らしいスキルを発揮しています。アシスタントたちのところにも、同じくこのRubberbandが導入され、それぞれに思うところがあるようです。確かにこのPutec EQというものは、挙動がパラメトリックとは全く異なるのと、他メーカーと一線を画すIGSならではの強烈な個性とサウンドに、 『じゃじゃ馬』 […]

64chのAD/DAコンバーターを準備し、シグナルの行き来に自由度が増しました。余裕のあるシグナルチェインというもので、本日はじめて本格的にミキシングができました。サンディエゴのスタジオからの発注で、典型的な西海岸の音で作られているうえに、かなりマイクの本数が多く用いられていたので、それなりに手古摺ることも考えられたのですが、やはり余裕のチェインは非常にキメの細かい設定ができるがゆえに、完成度が圧 […]

IGS Audioの機材一式がポーランドから到着しました。一部は再度のチューニングを依頼しておりましたが、最高精度の機材として生まれ変わり再スタートを切ることができました。今回スタジオで導入・デモとして入れたのはapi500シリーズの電源モジュールですが、一式揃い更にはIGSでIgorの手によりチューニングされたサウンドは、正にスペシャルということができるかと思います。   IGS Au […]

アップデート続きで、不足するのがケーブルです。様々に検証しましたが、うちのスタジオの場合は兎に角癖のない音であることが、最もマッチしているであろうということで、このDsubケーブルをチョイスしました。完全に検証ができているわけではありませんが、作りはこれまで手にしたケーブルの中でダントツに良いと言えるでしょう。もっとも、ケーブルに心血を注ぐのは馬鹿馬鹿しいというスタンスであることは大前提ですが、変 […]

相変わらずの機材導入が続きます。 こちらの体制がある程度整ってきたところで、更に世界は新たな方向性を示してくるので、それを追いかける形をとることもあります。そして今回の導入は、RME Digiface Dateです。MADIは何にも使える万能ナイフのような存在で、あれ無しではレコーディングを語ることが出来ないほどに素晴らしいものです。たった一本のケーブルで、2kmまでの遠隔レコーディングを可能にす […]

今日は一日掛けて、64chのシグナルチェインを完成させました。ここまでの数となると流石に凄いのですが、MagixをメインDAWとして用いる当スタジオなので、その安定度に対しては非常に気を使っています。非ProTools環境だから不安定などということはありえなく、きちんとした理論と理屈を熟知していればHDXでなくても十分に64chの動作を保証することができます。今回は384kHzまで対応しているMa […]

新しくレコーディング・エンジニアとして加入した加瀬君の発案で、インディーズ部門を立ち上げることになりました。 これまで当社の場合い、完全にメジャー相手の仕事をこなしてきており、どちらかと言えばスーパーメジャーとの仕事をどうこなしていくか?というところに重きを置いてきました。孤高の姿勢を見せるという意味では非常に良かったのですが、そこからの広がりや可能性という意味では課題も同時に感じてはいました。こ […]

新しくエンジニア2人が入ってきました。まさか自分としては、これからの新人を育てるという人生が待っているとは思っていなく、以前にとある音楽大学の准教授にお声掛けいただいておりにも、指導には向かない性格ゆえにお断りしたこともありました。 兎に角自らが物事に対して追求していくというタイプで、何かを教えるという行為については苦手意識があったのですが、年齢もある程度進んで少しばかり余裕が出てきたところで、今 […]

やる気!元気!吉井! みなさん、初めまして。 本日からこのブログに参加させていただきますアシスタントマスタリングエンジニアの吉井陽一です。 現在私は当スタジオの第2マスタリングルームでマスタリングを行っております。 本日は私の使っているSPL PQとMASELEC MEA-2について書かせていただきたいと思います。 先日第2マスタリングルームにもSPL PQが導入されました。 PQは強烈な個性を持 […]

本日はピアノのホールレコーディングでした。先程スタジオに戻り、音源チェックを行っています。 今回はそのレコーディングにおいてのピアノマイクについて言及してみたいと思います。使用するマイクというよりは、ポジションが最も難しいと言えるのがピアノレコーディングで、様々なマイクポジションを用いますが、その中でも接近してのマイクというものは、以前はほぼ綺麗に録ることできない音場の一つでした。特にハンマーの打 […]

SPLが新たなM/Sプロセッサーを発表しました。写真上から二番目の1Uの機材ですが、正に天才的な発想に満ちたプロセッサーと言えるかと思います。 この機材自体の存在は一昨年の年末に聞かされており、プロモーションのビデオも見せられていたのですが、それを更に進化させて天才的とも言うべき発想でM/Sのプロセスを進化させてきました。   上記のチャート図は、一体何を意味しているのか・・・理解が難し […]

本日からこちらのブログに参加することになりました。宜しくお願い致します。

久々にピアノの記事です。 昨日はFukuyama&Sonsという国産アップライトピアノの、オーバーホールのお見積りに伺いました。40年前のピアノで、更には30年ほど弾かれていない状態だということでしたが、アクションはしっかりとしており、音も意外ときちんと発音している素晴らしいものでした。昔は国内にも50社ほどの国産メーカーがあったとのことですが、現在は片手で数えるほどになってしまいましたが […]

今日は国内の曲をマスタリングしました。機材は現在ライブに出てしまっているので、右半分だけの機材を用いていますが、元々これらが主戦力だったので十分です。またマスタリング勉強会の音源を確認し、アシスタントたちの音源にアドバイスも含めて僕の方でリマスタリングしたプロセスの中で、多くのことを感じることができました。 最近は海外でのレコーディングも含め、プロデューサーが欧米人という制作も多い中、確かにサウン […]

長野を経由して兵庫県に出張できております。 大好きな軽井沢方面と、最高に素敵な神戸の街で日々を過ごせ嬉しい限りです。景色は奇麗だし、食べ物は美味しいしでとても有意義な時間を過ごしておりますが、この出張の間にもオンラインマスタリング勉強会に参加したいという要望が、アメリカ、ドイツ、フランス、オーストリアなどから寄せられ、また雇ってほしいというメールもイタリアとイギリスから受け取りました。特に募集要項 […]

昨日は週に一度催しているマスタリング勉強会でした。 最近のマスタリング勉強会は最高難易度の楽曲を用意し、パッと聴いて楽曲の構成をどういう作り込みが、なぜその音になっているのかが全くわからないような質題を行っています。やはり、どうなっているかが分からないほどの楽曲を構成できて、初めてプロという立ち位置を手に入れらるのではないかと思っています。それが憧れであり、誰にも出来ない境地というものを持っていて […]

明日から長野や兵庫の旅に出ながら、スタジオコンサルティングの仕事をこなします。 自分にとっては、スタジオ運営をする上での完全に副産物的な仕事だったのですが、非常に多くのご要望を頂戴し現在に至っています。ピアノ、ルームチューニング、機材一式などのご要望を頂戴することもあり、オール・イン・ワンでのソリューションというご要望を頂戴することもあります。まさかの現在お待ち頂いている案件が3件。しかもどれもイ […]

自分が機材好きなので、機材レビューの記事が増えますね(笑)。 さて、近い将来SPLやelysaiが揃った段階で、その次の導入計画というものも持っています。ほぼドイツを中心としたヨーロッパ製の機材で埋まっている当スタジオの機材ですが、アメリカの機材で興味があるのがこのmaag EQ4Mです。500シリーズで実機を触ったことはありますが、それはもう強烈なインパクトのEQで、劇薬と言っても良いくらいの効 […]

今日レビューしてみたいのは、Roger SchultのマスタリングEQ UF-1についてです。とは言っても、彼のEQはエンドース契約の際に送ってきてもらったPhase Filterしか所有しておらず、この機材の音というものはelysia本社に行った折、彼が持参してくれ多少触ったという程度のものです。ちなみにデュッセルドルフは、正にこうしたハイクォリティな機材メーカーでひしめき合っており、お互いの人 […]

MUTECの国際公式エンドーサーになってから半年が経過しました。随分と使いこなせるようになり、安定した運用を行っています。音の濃密性や纏まり感のようなものは、言うまでもない能力を持ち合わせていますが、プロの現場としてはそれ以上に所謂『聴き間違い』というミスを犯すことはほぼ皆無という状況になりました。 聴き間違いを簡単に説明するとすれば、 『こういう音で仕上がっているはず』 と思い込みが災いして、そ […]

若さというものは、何にも勝る強さだと再度感じています。 昨年から就職活動を含めインターンで入ってきた大学生が、素晴らしい成長を遂げています。既に彼は大学生でプロとしてのエンジニアリングを行ってきましたが、更に当スタジオで求められるプロデューサーとしての立ち位置でのスキルを、着々と構築しています。まだ本格的に社員としての活動はこれからだとしても、既に彼は新しいビジネスモデルを社内に築こうとしています […]

仕事始めの日となりましたが、この年末年始・お正月も当スタジオはお陰様で仕事続きです。 そんな中、仕事が趣味で趣味が仕事のアシスタントたちを含め、オンラインでお互いを繋ぎハードギアで行ったマスタリングをDoropboxに投函し、お互いに作った音に意見を出し合うという勉強会も行っていました。 『え?アシスタントさん達、自宅でしょ?ハードギアの機材はどうするの?』 というお声が聞こえてきそうですが、何と […]

Kii Audio が世界に向けて新世代のスピーカーをリリースした Kii Three、導入から1ヶ月近くが経過したことで、見えてくるものが沢山ありました。これまでに使用してきたスピーカーと言えば、GenelecやRCFそしてYamahaと、一応の王道と言えるものを使ってきましたが、どうにもしっくりと来るものがなく新しい音との出会いを探し求めていました。特に楽曲として複雑な作りをしていたり、裏メロ […]

世界のマスタリング業界におけるSPLの地位は、絶対的になったと言っても過言ではないでしょう。昨今発表される彼らの機材は、毎回世界を驚かせ歓喜に満ちた世界観を作り上げています。こうした流れを作り上げた彼らの機材は、世界中で導入が進み、マスタリング業界はMaselecやDangerous Musicを遥かに上回る導入実績を見せるようになっています。特にアメリカ勢が英語圏の機材からSPLに乗り換えている […]

ここ最近、欧米の若手エンジニアたちから『雇って欲しい』という連絡がひっきりなしにあります。ヨーロッパを主戦場としているので、やはりドイツから北欧にかけての若手が多いですが、今日はイタリアからアクセスが有りました。すぐにと言うわけではありませんが、こうした海外の若い人材というものを当スタジオで受け入れる計画というものがあります。 国内の状況についてこれまで様々に啓蒙を鳴らしてきましたが、これまで当社 […]

SPLのインターナショナル・エンドーサーとして活動をさせていただいてから、2年が経過しようとしています。その間には発売されたばかりのPQとCrescendoをインストールすることができ、双方に素晴らしい哲学と音を作り上げられる機材を入手できました。そしてここ数年考え続けて、またSPL社からも一昨年聞かされていた機材が続々と発表され、当スタジオも一気に導入の流れへと傾いています。 特にマスタリングコ […]

  明けましておめでとうございます。 今年も更に洗練された世界観をスタジオで構築していきたいと考えています。今年はスタジオ業務の拡大とともに、明日スタントを国内外から招聘する予定です。何度も国内外の若手エンジニアたちから雇って欲しいという打診を受けていましたが、如何にせよ体制を整える必要があり人を入れていくという考え方を持っていませんでした。 しかし一気にスタジオ業務が成長し、優秀な人材 […]