本文へスキップ

ブログ・コラム

電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

マスタリング

マスタリング・ミキシングのページにて、お支払いをオンライン決済できるシステムを構築中です。現在サイトに注意書きがありますように、全ての環境に対応しきれていない状況です。近日中に全ての環境にて、決済を可能としますのでもう少しお待ち頂ければと存じます。 ショッピングカートは、オンラインショップとしては当然の機能ですが、マスタリング・ミキシングをオンラインでお支払いまでを可能としたシステムは、恐らくは国 […]

今日は昨年から制作の進んでいる、オペラ曲集のレコーディングでした。物凄く楽しいひと時で、最高に緊張感あふれるレコーディングの中、素晴らしいテイクが出たときにはこれ以上の喜びはないと感じます。 制作を着手する折に、関係者とは先ず国内にないレベルまですべての面で圧倒的と言えるほどのレベルまで引き上げること、そして僕が得意としている世界市場でも圧倒的なアドバンテージを取れるレベルの音源を作り上げることを […]

  Sennheiser MKH8020を投入しました。スモールダイアフラムのマイクというのは多数出ていますが、今まで経験したどのマイクよりもリアルに録れる印象です。同じグループ会社のNeumann KM183, 184というマイクは所有歴がありましたが、どうにも我々の求めるハイレゾであったり、リアルという世界観とは遠い価値観にあると思え、その後DPAになり、更にはSchoeps 64に […]

今日のマスタリングは、パキスタンからの受注でした。本当に様々な国からの受注を行いますが、アジア諸国からの問い合わせというものは基本的に増加傾向にあります。 先日の問い合わせで印象深かったのはイラクからのもので、湾岸戦争後にスタジオを構えたという青年からの一報でした。激戦の後で、彼らにはVISAカードなど外貨を支払う機能を持ち合わせていないとのことで、彼らでミキシング・マスタリングした音源に対して、 […]

Kii Control

2018/12/11

  Kii Threeを使い始めてから1週間が過ぎようとしています。 聴けば聴くほどに、このスピーカーの素晴らしさを知るとともに、正に世界最先端といえるソリューションを備えた機材であることを思い知ります。Kii Threeに付帯するこのコントローラー自体は、単なるボリュームやソースをチョイスできるだけでなく、DDコンバーターとして機能することで、直接スピーカーにデジタル音源を送信できます […]

  遂にKii Audioからリリースされている、Kii Threeをコントローラーと共に導入できました。昨年クリスCEOのベルギッシュ・グラハートバッハの別荘で、彼から直々にこのスピーカーを聴かせてもらい、一発で導入を決めたという機材です。ありとあらゆる最先端技術を投入し、6つのツイーターから発せられる音は、恐らく現在出回っているスピーカーの中で最も先進の哲学を持ち、尚且音楽性において […]

昨日は、かながわアートホールにてピアノのレコーディングでした。約1年間にわたり、様々なセッティングを試行錯誤しながら探し、クライアント様と納得のサウンドを探し当て本格的に作品へ集中できる所まで来たかと思います。マイクやマイクプリアンプ、ADコンバーター、ワードクロック、ありとあらゆる条件をクライアント様と考え、様々な厚み有るフィードバックを構築することで、やっと理想の音を現実のものに出来たという充 […]

1週間ほど前になりますが、King of Compressorと称される elysia – alpha compressorが到着しました。 様々にお伝えしたいことはありますが、第一に挙げられることとしては何と言ってもその芸術性溢れる音色と外観かと思います。この機材における根底をなす哲学は、何と言っても美と言えるでしょう。世界で最も美しい音を放ち、そしてその美しき音をエンジニアが創り上 […]

最近大幅なアップデートを繰り返してきましたが、やっとマスタリングにおける一連の流れが完成しつつあります。完成とはいっても、常にアップデートを繰り返すことは間違いないのですが、ベースラインとなる機材の選定というものは非常に重要です。そういう意味では、先ずは初歩段階の完成を見たと申し上げたほうが宜しいかもしれません。 その初歩段階の機材として選びぬいたのが、今回導入のBettermakerとSPLのP […]

ドイツのクライアント、Die Denkazが今回は映画の楽曲を担当しています。メジャーレコード会社との契約で、随分と彼らの活動というものが大きくなったように思えます。今年はワールドカップの公式曲を担当したりと、彼らにとっても大躍進を遂げた当たり年であったのではないでしょうか。ミキシングやマスタリングという仕事を通して、彼らの活躍を支えられるのは、何よりもの喜びです。

今日は8年ぶりのビクタースタジオでした。 前回伺った折は、自らがデビューした折に収録をして頂いたスタジオで、非常に思い出深くもまた感慨深いスタジオでもあります。ハウスエンジニアの方とお話をする機会もあり、築50年の建物を大切にアップグレードされてきたこと、加えて内部については常にアップデートされており、SSLのコンソールとGenelecのスピーカーを基本としながらも、その他のアウトボード類について […]

ライブレコーディングにおける、ベースの32chを組み上げました。 ベースというのは、拘りのマイクプリアンプを駆使してのレコーディングは、この後に構成する32chに集約される形で組み上げたいと思っています。それが例えばSPLのCrescendoであったり、その他当社の得意とする世界最先端のサウンドというものを実現してくれる機材を集めたいと思っています。 しかし、何もかもが強烈な個性を放っていればよい […]

遂にSPLのCrescendoがフィールドで始動しました。 Crescendoは、まだグルーバルデリバリーが開始されておらず、昨日のレコーディングは世界初でフィールドレコーディングを行うことが出来ました。 スタジオでは多少オーバーパワーの感もありましたが、今回のフィールでのレコーディングでは、最高のパフォーマンスを発揮しました。本当に素晴らしい哲学を持ち合わせており、音像の大きさや倍音の豊かさ、そ […]

Bettermaker Mastering EQが導入されました。 まだ少しのトラックのみこなしている状況ですので、使い込んだ故の景色というものは見えてはいませんが、正に理想と思えていた音作りを可能とするシステムです。ヨーロッパの最先端が何を考えているのかを明確に示す機材であり、これを日本で使いこなせるエンジニアというのは、これまで日本で行われてきているスタンダードなマスタリング考えると、まずいな […]

楽曲発表の教に、早速にDie Denakzのミュージックビデオが発表になっています。 今回はミキシング&マスタリングで参加しましたが、ヒットのほどはどうでしょうか・・・今後の動向が気になります。以前は海外作品に参加するだけで嬉しかったものが、最近はきちんとヒットを狙いに行く楽曲作り、音作りを考えることが出来ており、自らの仕事に対しる姿勢というものも大きく変化しました。何と言っても、彼らとの共作でい […]

ドイツのクライアント、Die Denakzと共作した楽曲が10月26日に発表になります。今回の作品も、物凄い勢いで再生回数を稼ぐのでしょうか。とても楽しみです。 今回はリーダーのステファンに、多くのミキシング・マスタリングのバージョンを送り、その中から彼の好みに合ったものをチョイスしたとのことなので、正直なところどれなのかは今の所いま一つ分かりませんが、デモの映像を見る限りは音とよくコラボレーショ […]

Antelope MP32が導入されました。 オーケストラやライブレコーディング用に、今回は多チャンネルのマイクプリアンプを導入しました。ライブレコーディングでは、64chでの対応ということもあり、リモートコントロールを一気に32ch分可能とするシステムは、現場では圧倒的に優位に働きます。また、RME、SSLとも迷った挙げ句の選択となりましたが、今までにRME、SSLの音は散々ぱら聴いてきているの […]

エンドース先のドイツSPL社より、マイクプリアンプ Crescendoが到着しました。 昨日は軽井沢まで音響機器のコンサルティングで出張ゆえ、夜10時に戻ってきましたので、そこから到着機材の組付け、サウンドチェックとなりました。 昨日のテストではスタインウェイB型を用いて、Earthworks PM40とBrauner Phantheraのセットでレコーディングを行ってみました。元々マイク自体が集 […]

Nevaton3Dマイク

2018/10/18

最近のテーマであったアンビエンスのマイク、中々良いのが見つかりました。 NevatonのBPTというものです。勿論日本・アメリカでは無名の存在ですが、ザルツブルグ際のオフィシャルマイクとして採用されており、クラシックに置いては絶大な実績を既に残しているマイクになります。 映像を見る限りは、やはりクラシックに寄っているマイクのようで、僕のコンセプトからすればピタリと来る仕様です。また、ダイアフラムが […]

デジタルマイクの存在は随分前から知っていましたが、何分構造が複雑そうなのと、専用機材が多いことで二の足を踏んでいました。しかしベルリン・フィルのデジタル配信が、ワンポイントであれ程の音質を誇っているということは、間違いなくデジタル仕様であると確信していました。 音像の明瞭さ、その大きさ、そして独特の音圧感は、アナログではなし得ないであろうな・・・と思っていたところに、Sennheiser社がその仕 […]

ライブレコーディングと、オーケストラレコーディングに合わせて、新たなペンシル型のマイクを探していました。またドイツのメーカーに集約されたのですが、SchoepsとSennheiserが最終選考に残り、結局ベルリン・フィルでの実績もあり今回はSennheiserを入れることになりました。HKH8020 と HKH8040を双方ステレオでチョイスしましたが、親会社のNeumannとは全く異なった性格の […]

現在建設中のプライベートホールにおける音響機材のコンサルティングで、軽井沢まで行ってきました。物凄く美しい景観で、スタインウェイのピアノを中心とした設備も充実の内容となります。特に今回は、オーナー様がオーディオに凝ってらっしゃるとのことで、エンドーサーとして活動するSPLなどの機材を中心に、日本にはないテクノロジーを多数導入して頂く話し合いになりました。 これは極論なのですが、良い音を追い続ければ […]

少しわかりにくい写真となりますが、230vの電圧運用に成功いたしました。 このスタジオができた2年前から200vは引いてありましたが、通常はその200vを115vに減圧するのが通常の方法です。しかし、どうせならば230vで運用する方法がないものかと探しに探し、それはやはり日本には回答がありませんでした。機材のレベルは、十分にワールドクラスで通用するレベルまで持ち込んできていると自負していますが、最 […]

レコーディング機材に対して、マスタリング機材の導入も続いています。当方がエンドース元としてお世話になっている、ポーランドのBettermaker mastering EQを導入します。Pultec EQセクションとパラメトリックを持ち合わせており、尚且M/Sモードをも機能の中に含まれているというモンスターです。しかもCEOのMarekの説明によれば、バンドごとにM/S若しくはステレオをチョイスでき […]

SonyのハイレゾマイクC100が、ステレオで導入されました。まだテスト段階でなんとも言えませんが、このマイクに僕が期待することは無色透明であること。Earthworksであれ、Braunerであれそれなりに最新鋭という意味での音色を持っています。しかもそれがかなり濃厚な色と来ているので、ガチャガチャに混ぜていくことは考えたくない・・・ そしてどちらかというと、Sonyにはミドルにおくというよりは […]

新たなレコーディング・ソリューションとして、BraunerのPhantheraをステレオで導入しました。今後当方のスタジオでは、新世代のマイクとして名高いBraunerを、メインマイクとして複数導入を検討しております。また、既に導入の決定しておりますSPLのマイクプリアンプとの相性も抜群で、デュッセルドルフサイドで最高のサウンドソースをキャプチャーできるチェインとしてテスト済みです。 特に私達の最 […]

待ちに待った、次世代のマイクプリアンプが遂にデリバリーとなります。120vテクノロジーで、150dBに対応するというヘッドルームを持ち合わせており、これでどんなサウンドが録れるのか非常に楽しみです。エンドーサーとして世界各国の店舗にデリバリーされる前の、1stセクションをプロダクトマネージャーのサーシャが抑えてくれました。 これから秋にかけてレコーディングが増える時期に、思い切った導入ができて嬉し […]

本国エンドーサーというのは、なんでも自分である程度対応できる必要があります。 今回は輸出入という分野ではなく、修理が必要な機材での対応です。この場合、直接メーカーに送る必要があり、その対応ということになると国際郵便を使用することになります。勿論壊れてほしくはありませんが、前提として形あるものは必ず壊れるという考え方をしていないと、その後のバックアップがものすごく大変なことになります。なので、メーカ […]

ピアノ曲のホールレコーディングに参加しました。 最近受注させて頂いたオペラなども含め、5つほどのプロジェクトを同時進行で進める状況です。どれも非常に拘りの強い作品ゆえ、最高精度での音源制作が求められこちらも勉強になります。クラシックを主体とした音源制作を得意としていますが、アコースティック楽器のレコーディングからのノウハウで、ジャズなども収録することがあります。 クラシックもヨーロッパでは全く異な […]

MUTECのMC-3+USBとREF10を受け取りました。 外観のかっこよさに目を引かれますが、使ってみての感想としては溜息が出るほどの音を作り上げてきてくれます。完璧にルームチューニングされたスタジオ内にあって、その音の作り込みというものは信じられないほどのクォリティを誇っています。 最初は10Mhzを使用せずに、MC-3+USBをインターナルにセットし使用してみたところ、それなりの音質変化を感 […]