本文へスキップ

ブログ・コラム

電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

マスタリング

幕張メッセでの1時間30分の講演は、非常にエキサイティングでした。自分にとって、また新たな人生の1ページをめくった感覚を覚えました。これまで、どうも今一つ地位を確立しづらいところがあったのですが、音響家協会との出会いを通し、明確に今後のスタンスを垣間見ることが出来たと感じています。 それと同時に、日本のエンジニアたちに海外での自らの体験談を語ることで、様々な意義があったのではないかと思っています。 […]

幕張メッセでの講演を前に、機材の搬入を行いました。今回のメインEQは、SPL PQとCUSTOM AUDIO GERMANYのHD250A。まあ、両方ともかなりの個性派で、その上日本では余り考えられない構成だと思うのですが、リミッター・コンプレッサーの類を一切使用しません。それで、所謂音圧を上げていこうという試みでもあります。僕の手法からすると、これで十二分に音圧は上げられます。むしろ、上がりすぎ […]

幕張メッセで行われている、イベント総合EXPOに、『欧米スタイルのミクシング・マスタリングを紐解く』という題名でお話をさせて頂きます。 https://www.eventexpo.jp/Conference/seminar-event/semi/ 今日はこれから準備に当たる予定で、スタジオ内の機材をすべてバラし、一部を幕張メッセに持ち込む予定です。現在7社のエンドーサーなので、なるべく多くの機材を […]

昨年の空きから冬にかけて出向いた、ヨーロッパの出張の中で、最も印象深いメーカーの1つであったKii Audioというドイツの会社があります。 脅威の周波数帯レンジを誇るスピーカーであり、ツイーターを5つも持ち合わせ左右合わせ1500wというモンスタースピーカーです。導入を検討してたところ、実際に合って話し合いを行ったクリスCEOからエンドースの話を貰い、あとは導入という所まで話自体は行き着いていま […]

「選曲」というのも、意外と重要な仕事の1つです。 具体的にどういう場で使用するのか?若しくは、映像ありきで音楽を選定する場合は当然のことながら、そのセンス次第で物事が動いてしまうのですが、制作の過程にも選曲が重要な立場を占めることが多々あります。 楽曲の制作を行う際、若しくはクライアントから「こういう方向の音源にして欲しい」という要求を受けた場合、意外と重要な立ち位置であるのが選曲です。例えば、受 […]

今日は会社のスタジオにある、スタインウェイ・グランドピアノの調律でした。 凡そ全てのピアノは、在庫してから1年ほど調整を含みながら気候に慣らして行くのですが、その過程で上手くピアノの求める湿度管理や試弾を繰り返すことで、物凄く素晴らしいグランドピアノへと変貌を遂げていきます。 また、本国側でしっかりと調整を施してきているグランドピアノなので、正にスタインウェイらしい生き生きとしたサウンドを奏でてく […]

IGS Audio LA-2A

2018/02/06

今日は、もう1つIGS Audioの機材を紹介してみたいと思います。One LA 500という機材です。これは動画にもあるように、ユニバーサルオーディオのLAをクローンとして、現在の技術でAPI500シリーズの企画に合わせてモデリングしたものです。これもまた、相変わらず濃厚なテイストのサウンドで、クローンとは言え現代の技術、またサウンドに合わせて作られているので、非常に重宝する機材です。これもまた […]

本日ご紹介するのは、IGS Au0dioのRed Stripeです。自分の知る限り、真空管のマイクプリアンプがAPI500シリーズの規格に適応している機材は、このRed Stripeのみのはずです。内部電圧を極限まで高め、いつもIGSをご紹介する折に使用してしまう単語、「濃厚なテイスト感」溢れるサウンドを演出してくれます。Neumann U87aiとPeluso P87に使用することが多いですが、 […]

IGS Audio Tubecore

2018/02/04

今日ご紹介したいのは、IGS Audioの真空管コンプレッサーです。実際に当社のスタジオにも導入されており、その濃厚なサウンドでボーカル・ギター・管楽器・バイオリンなど、ソリストいはまずこのコンプレッサーを噛ませてミックスしています。特にAPI500シリーズに対応した機材も素晴らしく、SSL-XLデスクにインストールしソリッドと真空管を上手くブレンドし、使用ています。 写真の一番左側にインストール […]

スタンウェイ・グランドピアノの不思議というのは、何時も感じることなのですが、まさにその音色の変化は生き物のようです。顕著に感じられる変化としては、一定期間放置されているのか?若しくは、徹底的に弾き込まれており、常に稼働しているピアノなのかによって、明らかに音色・パワーは異なります。どちらが良いのかという話になりますが、ピアノの消耗は激しいのですが、圧倒的に弾かれているピアノが音色・パワーともに素晴 […]

現在当社が代理店を持つ、ポーランドのIGS Audioは、非常に音色作りのうまいメーカーです。近代の機材を多用することで音色の「warm(暖かさ)」という概念は、少し後退する傾向にあります。一時期、SSLやNEVEといったこれまでスタンダードとされてきた音が既に時代にそぐわないと感じ、新時代を代表するメーカーたちとリレーションシップを築くことで、導入された機材の殆どはクリーン、透明感、透き通る、な […]

幕張メッセのEXPOで、セミナーの講師を務めさせて頂きます。 http://www.live-event.jp/Conference/seminar-event/semi/ そもそもは、昨年の夏に音響家協会の八板会長からお声掛けいただき、いきなり40周年記年のイベントでお話をさせていただいたのが始まりでした。「ハリウッドやヨーロッパからの音源を、マスタリングしている中堅が居る」そんな触れ込みを頂き […]

elysia mpressor 500

2018/01/31

エンドースメント契約をしているelysia社が、TEC Awardを mpressor500で受賞したとのニュースがはいってきました。それとともに、CEOのドミニクとは以前より約束していたmpressorでSSL-XL DESK16ch全ての500スロットを埋めるという構想をしています。以前elysiaの機材で500スロットすべてを埋めたことが有りましたが、それまでelysiaはステレオ環境の機材 […]

様々な業務を行いますが、自分の全てを取りまとめると、プロデューサーという立ち位置での仕事になります。その中には、アーティストの発掘も含まれており、最近の動向からするとデビューをさせるという形ではなく、商業音楽の中で如何に泳いでもらうことが出来るのか?という人材を探しています。特に作曲・編曲に関しては需要が多く、海外も含めてアーティストとの提携は常に行い続けています。 今日はそうした業務の中で、日本 […]

夜は歌の仕事で、千葉のホールに行ってきました。 ここは10年弱出入りのあるホールなので、感慨深くも印象的な場所です。しかし、今期限りで閉鎖されてしまうとのことで、理由としては単純にスポンサー企業がつかないとのことです。逆に言えば、スポンサーが付かなければ成り立たないとも言え、興行なり催し物の収入でホールを維持できないという現実を知ることになるわけで、どんなに立派なホールでも利用者がいなければこうい […]

ここ最近かながわアートホールでのレコーディングを企画することが多く、このミュージックビデオを思い出しました。美大生にカメラワークを頼み、様々な若い斬新なアイディアを出してもらい、この映像が出来上がりました。僕は圧倒的にグランドピアノのレコーディングが得意で、初めてプロデュースしたのも、ミュージックビデオを制作したのもピアノ曲で、結局全ての面においてピアノを弾く以外のことは、一通りこなすことが出来る […]

本国からのエンドースメント契約を行っているSPL社が、NAMM SHOWで新製品を発表しました。正に新世代の機材に相応しいラインナップで、マスタリング・コンソールを中心に、秋には新たなAD/DAコンバーターを発表することも動画に組み込まれています。 この動画は、昨年の冬の始まりにSPL社を訪れたときに、プロダクトマネージャーであるSascha Flokenから見せてもらっており、プロトタイプの機材 […]

Facebookページのフォロワーが、1万人を超えました。世界に向けてのプロモーションでしたので、100を超える国と地域からスタジオワークについて興味のある方々が、フォロワーとして支持して頂くまでに成長を遂げました。ヨーロッパや北米地区は勿論ですが、アジアでの人気が強く、新興国に対して、音源制作の需要を取り込みたいと考えています。 Facebookページを立ち上げた当初は、半信半疑でスタートしたの […]

ドイツが誇る、最新鋭のスピーカーメーカー Kii Audio から、5.1ch サラウンドシステムでのエンドース契約を打診され、今日契約にこぎつけました。写真は実際にドイツで試聴した際の、ベルギー国境にある、クリスCEO宅のリスニングルームです。 コンパクトなボディながら、ラージスピーカーと変わらない1500wを絞り出すパワーと、6つのツイーターから発せられる下から上までまんべんなく、突き抜けるよ […]

NAMM SHOW

2018/01/24

今週は、レコーディング・ミキシング・マスタリングなどの新製品がLAのNAMM SHOWで発表されます。既にエンドース先からは、新製品の話を聞いており実機のデモもさせて貰っています。特にマスタリングは次の世代に突入することを予測できる動きがあり、音そのものは新世代へと移り変わります。その動きを主導するのは、やはりドイツを中心とするヨーロッパ勢で、ハイレゾに対応する事は勿論、それ以上に各機材の考え方が […]

マスタリングを担当した曲が、韓国でテレビ主題歌になりました。この仕事は、ハリウッド経由で入ってきて、ポール・マッカートニーのミキシング・エンジニア、マーティン・メレニーとの共作でもあります。もう少し詳しく記載すると、当初は僕がミキシングとマスタリングを担当することになっていたのですが、僕がクライアントに提出した参考音源が先方とフィットしなく、マーティンがミキシングエンジニアとして、急遽抜擢されたと […]

僕自身の音楽活動は、日本でもかなり力を入れいましたが、スタジオワークとなると殆ど海外が中心でした。実際、日本に来日してくるアーティストの仕事をピックアップはしてきましたし、海外から投げられる案件を重視もしてきました。国内アイドルのツアーやタレントさんたちの仕事も、きちんとはこなしてきましたが、誰に話すわけでもなく時が過ぎてきました。 そして海外の仕事をメインとしたことで、僕の知名度は日本のスタジオ […]

スタジオにいらした皆さんに、マスタリングをお聴かせしながら Before / Afterを感じていただくと、「これを実際に感じる取れる、何らかの方法ってないの?」というご提案を頂くことが有ります。それを実際に形にしたのが、この動画でした。スタジオのFacebookページで公開し、同じようなスタイルのヒップホップの曲を海外から受注し、シングルとアルバム双方の仕事をもらうことが出来るという、幸運にも恵 […]

今日はスタインウェイ・グランドピアノのメンテナンスでした。一度11月にも伺っていたので、期間としてはそこまでの空きはなかったのですが、オーナーがレコーディングをこなしていたこともあり、ピッチを始めピアノはかなり疲れ気味の様子でした。 しかし、よく弾かれているスタインウェイピアノというのは、正に可能性の宝庫。調律・調整、全体を整えた後の音というのは、それまでとは全く異次元の世界へピアノが連れて行って […]

昨日の夜は、ヨーロッパから発注が有りマスタリングでした。日中元NHKのレコーディングエンジニアであった、下山さんがスタジオに遊びにいらしてくれ、彼からレコーディングにおけるノウハウを多々お聞きすることが出来、マイク選定なども進んだな・・・・と思っていたら、ドイツから「2月18日までに、マスタリングをしてくれないか?」との連絡。僕としては時間も空いていたし、大好きな仕事なので2つ返事で「今から対応で […]

Facebookページ

2018/01/18

Facebookのフォロワーが、5000人を超えてきました。知人にサポートされながら、世界中にプロモーションを打ったのですが、たった1週間強で100以上の国と地域からフォロワーが集まってきました。これには当方は勿論、サポートしてくださった方もビックリの内容で、世界の音楽市場の広さを切実に感じさせてもらえる出来事でした。 これまでにも、運営中のスタジオではハリウッドやソルトレイク、パリやロンドンなど […]

ブログをこのページに設置してみました。 今後日々の活動を、ご紹介できればと思います。さて、お正月から少し経ちましたが、スタジオ並びに個々の活動はお陰様で非常に活発です。年末年始はドイツ、オランダ、ベルギー、ポーランドと回って帰国したかと思えば、怒涛のレコーディングの仕事をいただき、その上急遽アメリカから12月29日にミキシング・マスタリングをしたいということで、ソルトレイクからお客様が来たりで大忙 […]

昨年の12月に行われたレコーディングから、写真を一枚。とても素敵なホールでの一コマですが、クライアントとは最も相応しいホールの響き・マイク・マイクプリアンプ・AD/DAコンバーター・DAW、そして最も重要な「どのタイプのスタインウェイピアノを使うか?」という内容を、練りに練ってのレコーディングとなりました。 ホールから仮スタジオを設けた控室までは、MADIケーブルで音声を送信しましたが、音の素晴ら […]